スティッキーヘッダーの文字
BEYOND 100 YEARS BEYOND TILE BEYOND 100 YEARS BEYOND TILE
2022 4.12
NAMESTANDATION 100TH ANNIV.
TILE NAMESTANDATION 100TH ANNIV. TILE
BEYOND 100 YEARS BEYOND TILE BEYOND 100 YEARS BEYOND TILE

名称のその先へ。

西暦588年頃、仏教建築と共に伝来した瓦や塼(せん)。
中国の製造技術をもとに日本初の本格的な寺院「飛鳥寺」が建立され、 建材として用いられた瓦が、日本におけるタイルのルーツだといわれています。
それから時代の流れと共に、敷瓦、腰瓦、壁瓦、 貼付煉瓦、化粧煉瓦など、様々な名前で呼ばれるようになり、 “タイル”という名称に統一されたのは1922年(大正11年)。
東京上野で開催された全国タイル業者大会で制定され、 2022年4月12日、節目となる100周年を迎えます。

戦後、高度経済成長期を迎えると、タイルの在り方も形を変え、 工業製品としての高性能な品質や精度、そして機能美が求められました。
それと同時に、焼き物としての情緒や美しさ、豊かな意匠性を併せ持つ 理想の建築材料を目指し、切磋琢磨してきました。

今、名称統一100周年を迎えるこの機会に、「次の100年」を想像してみます。
そして、“タイル”という概念を越えて、日本が世界に誇れる美意識や創造性を携えた
まだ見ぬ「未来のタイル」へと、新たな一歩を進めます。

100年を超え、概念を超え、「名称」のその先へ。

まっさらな気持ちで、ここからまた創めよう。
次の100年に向かって。

LOGOMARK

LOGOMARK

CONCEPT

■タイル名称100周年記念ロゴマーク

全国タイル工業組合は、「タイル名称統一100周年記念プロジェクト」を発足し、プロジェクトを象徴する100周年記念ロゴマークを制作いたしました。このロゴマークは数字の100(横)と漢数字の百(縦)を同時に表現しており、丸と多角形で構成された末広がりの幾何学文様は、“歴史を紡ぎ、未来へと繋がり広がるタイル産業”を表しています。
名称統一された1922年の「起源」を示し、日本を象徴する“ライジングサン”を想起させる赤い丸と、100周年にあたる2022年を「起点」として捉え、ここから創める“クリエイティビティな未来”をイメージしたシルバーの十角形でデザイン構成しました。

LOGO DOWNLOAD